RENJYAK STREET BENCH

2018年
愛知県岡崎市 連尺通り
家具

 

通り<公共空間>の日常風景をつくる生活社会実験に合わせて、2種類のストリートベンチをデザインしました。

歩道上の軒先1mと植栽帯0.5mの道路使用許可と道路占有許可を地元のまちづくりNPO法人が取得。ベンチなどの家具を公共空間に置けるようにする事で、通りの日常にどのような変化が訪れるかを観察し、将来的な通り<公共空間>の在り方を考えるものです。

次の3点がデザインの主な与件として整理されました。
・安全上の有効幅員を確保できる寸法モジュールである事
・管理のために毎日ベンチを出し入れする必要があり、女性一人でも持ち運べる重量である事
・社会実験以後も多様な場面で活躍できる事

今後の展開を広げるために、2つの型のベンチを制作しました。

A|座面に新たな機能としてのアタッチメントを取り付けられる”カスタム型”ベンチ(h=450)

B|ベンチとしてはもちろんのこと、テーブルや台としても利用できる高さを組み合わせた”ランドスケープ型”ベンチ(h=275,550)


Instagram 連と尺