羽の家 / wing room

2020年
東京都北区
専用住宅
RCマンションフルリノベーション

 

窓際のランドスケープ

赤羽台の台地の上に建つ築26年のマンションの1室のリノベーションの計画。

若い夫婦と小さな子供の3人家族の住まい手は、パノラマ状に緑地や都市的な景観を見下ろすことができる高台からの眺望が魅力的な角部屋を見つけ、豊かな表情をもつ窓際を生活の拠り所とするリノベーションを構想した。

そこで、水まわりの閉じた空間を北西に集約し、外被と最大限に接するように南東外壁に面してL型のワンルーム状の生活空間を計画。そして、既存の5つの窓を一体化するように、木の造作カウンターや窓上シェルフ、羽目板の壁面をぐるりと廻した窓際のランドスケープをデザインした。

 

暮らしと光のカタチの統合

窓際の木造作は、モノと生活の中心になるとともに、自然光を室内に拡散して引き延ばす役割も担うように調整し、暮らしと光のカタチを統合する造形とした。

窓側と対面には水回りの閉じたボックスを挿入し、僅かなテクスチャのあるシルバー塗装を施すことで、自然光を受けて窓と対の高輝度面として知覚される。シルバー壁に反射した光は、自然光の移ろいを増幅させるとともに、対面の窓と壁の輝度対比を和らげて不快なグレアを抑える。

また、東のバルコニーに面した一皮の床面は、光沢のある白いタイルとすることで、朝陽を受けて床面が輝いて光を引き込み、朝の時間を艶やかにする。

 

変化を受容する寛容な設え

小上がりにはカーテンや建具の設置を許容する鴨居状の木フレームを廻し、子供の成長に応じてフレキシブルに使い方の変化を受容できる空間として設えた。

さらに、天井・梁・壁の一部はコンクリート躯体表しとし、節目の荒々しい木柱や下地のラワン合板を使用するなど、ラフなテクスチャを同居させることにより、家族のライフステージの変化に合わせて家に手を加えやすい寛容な設えを目指した。

 


Collaborative design
Hikaru Takei.

 

Photographs
© Ookura Hideki / Kurome Photo Studio