羽の家 / wing room

2020年
東京都北区
専用住宅
RCマンションフルリノベーション

 

子供の出産をきっかけに、新しい生活のために転居を検討していた夫婦は、都市の中でも自然環境を身近に感じられるような健康的な暮らしを望んだ。そこで、改修を前提として、爽やかな風が吹き抜け、眺望の良い窓辺が魅力的な高台の中古マンションを購入。

 

窓辺のポテンシャルを活かせていなかった従来の画一的な小部屋の配置をやめ、南と東の窓に面したL型の広いLDKを計画。家のどこにいても複数の窓から眺望を得られ、パノラマ状に広がる豊かな外部環境を常に感じられるような設計とした。

 

「木の羽」と名付けた窓周りの造作により、既存の五つの窓を一体化させることで、空間の伸びやかさと生活の機能空間を統合するデザインを施した。さらに、自然光を室内に拡散したり、引き伸ばす役割も担うことで、豊かな光環境の創出にも寄与している。

 

室内に光を積極的に取り込み、時間や天候といった自然環境の変化を日々敏感に感じることが、健康的な暮らしに繋がっているとのこと。子供も自分なりに環境の変化を楽しみながら過ごしているようだ。

 


Co-Architect
Hikaru Takei.

 

Award
第38回住まいのリフォームコンクール 優秀賞


Web media
cowcamo MAGAZINE
KLASIC
architecturephoto.net

 

Product Information
TECTURE

 

Photographs
© Ookura Hideki / Kurome Photo Studio (1,4-6,13-17)
© cowcamo  (8,11,12,19,22,23)
© アトリエあふろ  (2,3,7,9,10,18,20,21,24,25)